鍋島 Nabeshima

2010年11月07日

1 富久千代酒造の後継者として

富久千代酒造「鍋島」のはじまりは、1987(昭和62)年8月にさかのぼります。先代で父の謙次の事故を機に、三兄弟の長男で唯一の社会人だった私は、東京から帰郷することを決心しました。1988(昭和63)年10月、国税庁の醸造試験所(滝野川)に講習生として日本酒づくりの基礎を学び、そして研修生としてさらに6カ月。翌年の修了を経て、富久千代酒造を継ぐことになります。
当時の酒類業界は、酒類免許の緩和により、ディスカウントストアやコンビニエンスストア、大型スーパーマーケットなどの台頭で普通の酒屋さんが元気をなくし大きく変貌しようとしていました。そのような中、弊社の商品(富久千代・泉錦)は普通の酒屋さんが説明し1本1本手売りしていた銘柄でした(ディスカウントストアの棚に並んでも消費者自らが手に取る商品ではなかったのです)。このままでは、弊社の存続が危ぶまれたので、私は、父のモットーである「品質第一」を念頭に、「町の酒屋さん」と共に生きていこうと決意。講師を招いて小売店様向けに勉強会を開催したり、飲食店さんのPBラベルを作ったりするなど将来の姿を模索し色々なことにチャレンジしてみました。しかし、上手くいかないことが多く、一人迷いもがく日々が続きました。
町の酒屋さん=地酒専門店
posted by 鍋島 at 19:11 | 鍋島伝