鍋島 Nabeshima

2008年06月23日

酒造り、稲作から体験

富久千代酒造
22日、酒米の生産から酒造りまでを体験し、鹿島の自然に触れ合うグリーンツーリズムを始めた。雨の中、県内外から約30人が参加し、田植えや干潟体験を楽しんだ。田植えは同市浜町の水田であり、清酒「鍋島」のファンで酒造りを一から見ようと、山口県から訪れた男性もいた。7月に里山での昆虫採集や鶏舎での採卵、9月に稲刈りなど予定。同社の飯盛社長は、「農」や「自然」を軸に、将来は農村民泊にも取り組みたいと話す。
 
2008年6月23日:佐賀新聞
posted by 鍋島 at 15:52 | 新着情報